ニュース詳細

  • HOME
  • 東京ドーム天井膜

東京ドーム天井膜

2016.11.15

13日オランダ戦で日本ハム大谷翔平投手が放った天井打のボールが発見されました。
14日午後、東京ドーム関係者が捜索したところ、屋根の縁で発見されたそうです。

「内膜」と呼ばれる天井膜の傾斜に添って転がったとみられます。この「内膜」には、アルテクロスで織ったガラス繊維クロスが使用されています。@商品開発部 宮部

東京ドームの構造について
→ https://www.tokyo-dome.co.jp/dome/facilities/construction.html

最新の情報5件

一覧を見る 

どのような事でもご相談下さい。
まずはお気軽にお問い合わせ!

フリーダイヤル0800-800-1461

TOPへ